Sponsored Link
  


大学・春のOP戦 慶大、関東学院大に圧勝〈創部110周年メモリアルシーズン〉 ラグビー・春のオープ… 



Sponsored Link
  


大学・春のOP戦 慶大、関東(よい結婚というものがきわめて少ないことは、それがいかに貴重で、偉大なものであるかという証拠である)学院大に圧勝〈創部110周年メモリアルシーズン〉

ラグビー・春のオープン戦(24日、山梨・小瀬陸上ほか)慶大が、関東学院大を59-7と圧倒した。
伝統のハードタックルで主導権を握ると、BKの展開力で、関東大学リーグ戦の強豪を粉砕。
春シーズンは2勝1分けと無敗を守り、創部110周年のメモリアルシーズンでの学生日本(にっぽん)一へ勢いづく。
 日本(にっぽん)ラグビーのルーツ校、慶大が06年度まで10季連続で大学選手権決勝に進出し、優勝6度の強敵から59点を奪う猛攻撃で圧勝した。
守備でも、不運なボールのバウンドから 1トライを許したのみ。
林雅人監督も「ここまでの大差は予想外」と目を見張った。
 勝利の原動力は、伝統のタックル。
相手のひざ下に突き刺さり、攻撃を封じ込んだ。
リーグ戦王者の東海大を倒し、対抗戦Vの早大と引き分けと、春季は“無傷”をキープ。
創部100周年で全国制覇を果たした10年前と重なる快進撃だ。
 だが、3戦無敗にもFL松本大輝主将(4年)は満足しない。
「まだ一発で倒せていない。
本当に強い相手には、いまのタックルじゃ勝てない」。
一昨季は早大に大学選手権決勝で敗れ、昨季は帝京大に屈し、同1回戦で敗退した。
頂点獲りへ、一撃必殺のタックルに磨きをかける。
SANSPO.COM http://www.sanspo.com/rugby/news/090525/rgb0905250501000-n1.htm 写真 http://www.sanspo.com/rugby/images/090525/rgb0905250501000-p1.jpg

自然は人類を二人の君主、つまり苦痛と快楽の支配下においてきた



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加