Sponsored Link
  


上地雄輔の募金活動が義援金商法ではと話題に 「ぶーんぶんしゃかぶぶんぶーん」で有名な上地雄輔が、自… 



Sponsored Link
  


上地雄輔の募金活動が義援金商法ではと話題に

「ぶーんぶんしゃかぶぶんぶーん」で有名な上地雄輔が、自身のブログで東北関東(旧道徳は危険を回避することを命じた、だが新道徳は、危険をおかさないものは、なにものをもえない)大震災に対する募金活動を開始すると発表した。
しかし、その募金活動が義援金商法と呼ばれる募金を傘に自分が儲けようとする 行動ではないかと非難の声が上がっている。
上地が募金活動について発表しているのは3月12日に掲載された「集まれ!!」でのこと。
「緊急対策支援 遊助企画」と題されたその募金活動というのは、上地の公式モバイルサイト「上地雄輔モバイル」で地震の影響で 中止となってしまった武道館ライブのリハーサルの画像を3枚セットで売り出し、その売上を全額被災地に寄付するというものだった。
この企画、一見するとかなり被災地のことを考えた素晴らしい行動のように思えるが、実は問題がかなりあるのだという。
それは、この募金をするために画像を購入するには、上地雄輔モバイルに315円払って入会しなければならないということだ。
入会時にポイントが 300ポイントはついてくるため募金名目の画像購入代の50ポイントは入会するだけで払えるのだが、これは募金という名目で有料サイトへの入会を募集しているのではと勘ぐられているのである。
さらに、本当かどうか分からないが、噂では一人につき募金という名目の画像購入も一回しか出来ないという話もあり、そうなれば265円が上地の懐に入る計算になり、その噂が流れると一斉に上地を叩く声が上がってしまった。
おそらく上地自身は純粋に何か出来ないか考えて今回の募金を提案し、新たに有料会員を増やそうというのではなく、上地のサイトに入会している会員に向けてみんなで募金しようという計画だったのだろう。
それがこんな批判の声が上がるとは、上地も予想外だったのではないだろうか。
義援金商法なのか、本当に募金なのか真相は分からないが、ただ上地を嫌いな人は多いことだけはよく分かるエピソードである。
http://popup777.net/archives/17645/

強者は道徳を蹂躙するであろう。弱者はまた道徳に愛撫されるであろう。道徳の迫害を受けるものはつねに強弱の中間者である



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加