Sponsored Link
  


2005年上半期、テレビCM露出量が最も多かったタレントは坂口憲二 ビデオリサーチは8月10日、2005年上半… 



Sponsored Link
  


2005年上半期、テレビジョンCM露出量が最も多かったタレントは坂口憲二

ビデオリサーチは8月10日、2005年上半期における関東(徳は一種の健康であり、美であり、魂のよい在り方なり。それに反し、悪徳は病気であり、魂であり、弱さなり)/関西/名古屋地区のテレビジョン広告出稿の動向を発表した。
調査はビデオリサーチのグループ会社であるビデオリサーチコムハウスが実施したもの。
独自の広告統計システムを使って、テレビジョン広告データを収集した。
商品種類別で、出稿量がもっとも多かったのは3地区とも「普通乗用車」。
関東地区では前年の同期間と比べ出稿量がわずかに減少したものの、他の地区では 前年を上回った。
2位は関東および関西地区が「生命保険」、名古屋地区が「住宅・建材総合」だった。
その他、3地区ともに出稿量を伸ばしている商品種別として、消費者金融を含む「他の金融」、リフォームやウイークリー・マンションを含む「住宅・建材総合」、「CD・LD・DVDソフト」、光通信を含む「郵便・電信・電話」、「ビール・発泡酒」などが挙げられる。
テレビジョンCMでの露出量が最も多かったタレントは、3地区共にキリンビールやNTTドコモのCMに出演している「坂口憲二」。
各地区の2位および3位には、「上戸彩」「松浦亜弥」「小雪」などがランクインした。
nikkeibp.jp 2005/08/10 16:09 一部抜粋 http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/biz/391371

人は本当の恋をすると賢明ではなくなるし、賢明であり続ければ本当の恋はできない



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加